勉強カフェ学びを通じて幸せな大人を増やしたい!」を理念とした勉強カフェ岡山スタジオが2015年8月8日に岡山駅西口1分にオープンしました!お得な情報をお届けする勉強カフェ岡山スタジオメルマガ会員も募集しています! 志の高い起業家を輩出する「【志事で喜業】あなたの命が輝き、物心共に豊かになる「志起業塾」」も開催してます!

1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術
無料レポート「ソーシャルメディア時代に結果の出る人がやっているITマーケティング戦略」でWEBマーケティングの重要ポイントが解ります!

キーワード

メインメニュー


■「レビュープラス」独自に選定したブログの口コミ効果を利用した商品プロモーションサービス

売り上げが伸びる Facebook 集客・販促 小さな会社&お店が実践すべき新・100の法則。
価格:
インプレスジャパン(2013-04-25)
売り上げランキング: 4415

小さな会社のための成功するFacebookマーケティング
価格:
日経BP社(2013-05-30)
売り上げランキング: 11353


ガンガン集客したい人のかんたんWordPress入門
価格:
秀和システム(2013-05)
売り上げランキング: 1013
  • Facebook
  • Foursquare
  • Google+
  • LinkedIn
  • Twitter
  • YouTube

カテゴリー: リピート客化


「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

お客様を「集める」という行為は、販売(セールス)の1ステップ。
お客様が自然と「集まる」のは、マーケティングの仕組みが機能している状態である。

このブログのタイトル「販売とマーケティングは真逆の行為」ということを具体的に言うとしたら、この記事のタイトルのような言葉になる。

ドラッカー

ドラッカー


このような状況をつくり出すのが、ビジネスの究極の理想である。
続きを読む »


「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

コミュニティデザイン

コミュニティ」を構築して、リピーターを生み出していく方法論について考えてみたいと思います。

ドラッカー曰く、ビジネスの目的は、顧客の創造です。

コミュニティ」とは、同じ趣味・目的の下に形成される集まりのことを言いますが、これをビジネスに応用する戦略を「コミュニティ戦略」と呼びます。

自らも楽しくなるような「コミュニティ」を主体的に創り出し、そこから「新規顧客創造」「リピーター創造」に繋げていくのです。
続きを読む »

「販売とマーケティングは真逆の行為!」の順位は?


昨今、ソーシャルメディアが隆盛を極めています。
多くの書籍も溢れ出してきています。

ソーシャルメディアをやれば売上が上がる?
そんな噂もよく耳にします。

それでは、実際にどれだけのお店の売上が上がったのでしょうか?

確かに、ほんの1部のお店では、売上が上がったという事実を聞いています。
しかしながら、大半のお店では、やってもそんなに変わらない。
それどころか、やる時間の労力のほうが増えてしまい、かえって無駄が増えた。
悪い言い方をすると、ソーシャルメディアは、時間泥棒になってます。

それでは、うまくいくお店とそうでないお店の違いは何でしょうか?
続きを読む »



この度「1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術」というタイトルの小冊子を作成しました!

そして、ようやくアマゾン登録が完了しました!


どんな内容の小冊子かと説明しようと思いましたが、実際に中身の「はじめに」と「目次」をチラ見せさせていただきます。
続きを読む »

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

メーカー、加工、住宅、卸、小売、旅行、サービス…

新規客をお得意先・リピート顧客に変える具体戦略!

いま、儲かっている企業は、業種業態を問わず、“新規顧客のリピート対策”に本気で取り組んでいます。
苦労して開拓した新規顧客に、どうやって繰り返し、繰り返し、自社の商品・サービスを買ってもらうか…。
これらはいま、社長が早急に着手しなければならない最重要課題です。

本書は、メーカー、卸、住宅、小売、サービス…あらゆる業種業態の中から、非常に高い効果をあげた105社のリピート戦略を厳選収録。資料・図表530点、960ページで詳しく解説する、リピート対策のヒント・アイデア満載の実例集です。

続きを読む »



皆様は、「飲食店の売上の75%は上位30%のお客様で占められている」という事実をご存知でしょうか?

これは、私が「1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術」というタイトルの小冊子を書くに当たり参考にさせていただいた高田靖久さんが、「お客様は「えこひいき」しなさい !」で、述べていることで、飲食店向け顧客管理システムを800社ほど販売していて、どの飲食店様もほぼ例外なく同じようなデータになるようです。

飲食店に限らず、サロンや美容院さんも同じデータだそうで、他の業種もそうかもしれません

ここで言う「上位30%のお客様」とは、その飲食店に「ある一定期間に落とすお金の累計で上位30%のお客様」という意味です。

数字に関しては、「上位20%お客様で売上の80%は作られる」というパレートの法則的な言い方を使う場合もありますが、目的と趣旨は同じ事です。

そこから、どのような戦略が考えられるでしょうか?
続きを読む »

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

先日のカンブリア宮殿でも紹介されていたキーエンス、収益率がすごすぎるので紹介します!

1.キーエンスとは!

今から33年の昭和49年設立された若い会社で本社は大阪市東淀川区にあり、資本金は306億円強、直近の売上げ高は1,830億円で営業利益は930億円です。連結の社員数は2,850人です。

2.主力商品センサーで驚異的利益率50%

主力商品はもちろんセンサーですがセンサーといっても裾野が広く前述したとおり微細な欠陥検出や超精密測定分野での顧客企業のニーズは多様化しています。

顧客のニーズを収集し、提案にまとめて数日以内に訪問しプレゼンテーションするという「提案型営業」を得意中の得意にしています
続きを読む »