勉強カフェ学びを通じて幸せな大人を増やしたい!」を理念とした勉強カフェ岡山スタジオが2015年8月8日に岡山駅西口1分にオープンしました!お得な情報をお届けする勉強カフェ岡山スタジオメルマガ会員も募集しています! 志の高い起業家を輩出する「【志事で喜業】あなたの命が輝き、物心共に豊かになる「志起業塾」」も開催してます!

1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術
無料レポート「ソーシャルメディア時代に結果の出る人がやっているITマーケティング戦略」でWEBマーケティングの重要ポイントが解ります!

キーワード

メインメニュー


■「レビュープラス」独自に選定したブログの口コミ効果を利用した商品プロモーションサービス

売り上げが伸びる Facebook 集客・販促 小さな会社&お店が実践すべき新・100の法則。
価格:
インプレスジャパン(2013-04-25)
売り上げランキング: 4415

小さな会社のための成功するFacebookマーケティング
価格:
日経BP社(2013-05-30)
売り上げランキング: 11353


ガンガン集客したい人のかんたんWordPress入門
価格:
秀和システム(2013-05)
売り上げランキング: 1013
  • Facebook
  • Foursquare
  • Google+
  • LinkedIn
  • Twitter
  • YouTube

「効率化」と「魂を込める」ことは両立するか?

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

野口さんのブログの記事「上手にやるより、魂を込める! 」を読んで、ハッとしたことです。

野口さんの主張している点は大変理解できます(上辺のテクニックに走るな、策に溺れるな、ということです)。

私が社員によく言っているし、私自身も追及していることですが、

全体像を捉えて、仕事を効率的に行え」「生産性の高い仕事をせよ

効率化・生産性を高めようとしている言葉です。

また、一方で「仕事に魂を込めろ」ということも言います。

この一見すると相反するようなメッセージを聞いて、社員は誤解していないだろうかと、野口さんの記事を読んで、ハッとさせられました。

私としては、どちらも本心ですし、両立しうるものと思っています。

私の考えとしては、事務作業や業務連絡作業・移動時間などの会社や個人としての価値を生んでいない仕事、つまり誰でも行う必要がある仕事などは、できる限り効率化(策に溺れるということではない)し、空いた時間を生み出すことに注力する必要がある

しかしながら、価値を生む仕事(ほとんどの場合は対価が得られる仕事だが、そうでなくても価値を生んでいて、対価を生む可能性のある仕事も含む)については、効率化よりも「魂を込める」仕事をしていきたいし、社員にもそうであって欲しいと願っている

ただ、ここでも誤解がないようにしておきたいのは、「魂を込める」ために、効率化を全然考えなくて良いという事ではない。今していることに埋没するのとは違う。「木を見て、森を見ず」状態であることとは違う。全体像を意識しながら、今やっていることに「魂を込める」のである。

一番いけないことは、効率化を求めることが優先して、中途半端な仕事をすることである。

全体の中での今している仕事の位置づけを意識しながら、その仕事に「魂を込める」仕事をすれば、自然と集中力が増し、結果として、効率化に繋がることの方が多いように思う。

この状態が、効率化が優先していないということである。

「仕事に魂を込める」ことは、埋没しない限り、結果として「効率化」するのである。

野口さんも言うように、上辺のテクニックに走る、策に溺れることは、問題である。

テクニックや策も知った上で、溺れるのではなく、それを活かしながら「魂を込める」仕事が出来ると最強である。

鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール/野口 嘉則
¥1,000
Amazon.co.jp
コミック 鏡の法則 +幸せを引き寄せる18のメッセージ/野口 嘉則
¥1,050
Amazon.co.jp
SEのための「どこでもやれる力」のつけ方
野口 和裕
技術評論社 (2008/01/26)
売り上げランキング: 9137
おすすめ度の平均: 5.0
5 好きなことを見つけて、静かなワクワクで生きてみませんか?

Related Articles: