勉強カフェ学びを通じて幸せな大人を増やしたい!」を理念とした勉強カフェ岡山スタジオが2015年8月8日に岡山駅西口1分にオープンしました!お得な情報をお届けする勉強カフェ岡山スタジオメルマガ会員も募集しています! 志の高い起業家を輩出する「【志事で喜業】あなたの命が輝き、物心共に豊かになる「志起業塾」」も開催してます!

1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術
無料レポート「ソーシャルメディア時代に結果の出る人がやっているITマーケティング戦略」でWEBマーケティングの重要ポイントが解ります!

キーワード

メインメニュー


■「レビュープラス」独自に選定したブログの口コミ効果を利用した商品プロモーションサービス

売り上げが伸びる Facebook 集客・販促 小さな会社&お店が実践すべき新・100の法則。
価格:
インプレスジャパン(2013-04-25)
売り上げランキング: 4415

小さな会社のための成功するFacebookマーケティング
価格:
日経BP社(2013-05-30)
売り上げランキング: 11353


ガンガン集客したい人のかんたんWordPress入門
価格:
秀和システム(2013-05)
売り上げランキング: 1013
  • Facebook
  • Foursquare
  • Google+
  • LinkedIn
  • Twitter
  • YouTube

【感動】教科書に載った司馬遼太郎の「遺言」

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日は何位?

今日は、偉大な小説家司馬遼太郎さんの論説文『二十一世紀に生きる君たちへ』からの学びましょう!

論説文『二十一世紀に生きる君たちへ』は、小学生の教科書掲載のためだけに書き下ろした作品です。

後に司馬が「一編の小説を書くより苦労した」と語ったほど、短い文章を何度も何度も推敲し、書き直しをし、まさに、渾身の思いを 込めて書き上げた、後世に残る名文です。



以下の言葉は、改めて真正面から感じなければならない。

人間は自分で生きているのではなく、大きな存在によって生かされている」(=自然を尊敬しよう)
自分に厳しく、相手にはやさしく
人間は助けあって、生きているのである。この助け合うということが、人間にとって大きな道徳となっている。助け合うというモトの感情は「いたわり」であり、「他人の痛みを感じること」でもある。
これらは本能ではないので、自らの訓練によって身につけることである」(=自ら訓練ができない場合は、試練が与えられるのだろう)

これらは、いつの時代も人間が生きていく上で、欠かすことのできない心構えだろう。
これらを欠かす人の割合が多くなると、社会は混乱する。日本はその一歩手前にいるかもしれない。

今こそ、ひとりひとりが謙虚に素直に自己を見つめ、反省すべきところは改めていかなければならない

自分のことは誰しも本能で考える。だからこそ、他者のことや自然を考えることを自ら課すことが大切である。それができなければ、大きな試練が待っていると思われる。

司馬遼太郎さん、ありがとうございました

これらのことを自らも戒めながら、後輩たちや子供たちや伝えていきたいと思います。

ありがとうございました

二十一世紀に生きる君たちへ (併載:洪庵のたいまつ)
司馬 遼太郎 (しば りょうたろう)
世界文化社
売り上げランキング: 111
おすすめ度の平均: 4.5
1 内容は素晴らしいが・・・
5 卒業祝い&入学祝に贈りたい
5 感動しました
5 大人も子どもも、一度は2~3回遅読すべき!
5 本文と写真の相乗効果。永久保存版です。
対訳 21世紀に生きる君たちへ
司馬 遼太郎
朝日出版社
売り上げランキング: 423
おすすめ度の平均: 4.5
5 卒業する子どもたちに
5 これこそ日本語の鑑としたい名文
5 司馬遼太郎さんの21世紀へ生きる若者への心からの遺書
4 私も小学生時代にこの本に出会いたかった。
5 小学生には少し難しいけれど、
対談集 日本人への遺言 (朝日文庫)
司馬 遼太郎 宮崎 駿 榎本 守恵 ロナルド トビ 田中 直毅 大前 研一 武村 正義
朝日新聞社
売り上げランキング: 3455
おすすめ度の平均: 5.0
5 色あせない遺言
5 最後の、ぶれない司馬を見る。
5 死の直前の対談3本を収録
5 宮崎駿との対談が印象深い


1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術

1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術


当サイトの「販売とマーケティングは真逆の行為!」Google+コミュニティです。
是非ともご参加下さい。更新情報や有益情報が届きます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Related Articles: