勉強カフェ学びを通じて幸せな大人を増やしたい!」を理念とした勉強カフェ岡山スタジオが2015年8月8日に岡山駅西口1分にオープンしました!お得な情報をお届けする勉強カフェ岡山スタジオメルマガ会員も募集しています! 志の高い起業家を輩出する「【志事で喜業】あなたの命が輝き、物心共に豊かになる「志起業塾」」も開催してます!

1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術
無料レポート「ソーシャルメディア時代に結果の出る人がやっているITマーケティング戦略」でWEBマーケティングの重要ポイントが解ります!

キーワード

メインメニュー


■「レビュープラス」独自に選定したブログの口コミ効果を利用した商品プロモーションサービス

売り上げが伸びる Facebook 集客・販促 小さな会社&お店が実践すべき新・100の法則。
価格:
インプレスジャパン(2013-04-25)
売り上げランキング: 4415

小さな会社のための成功するFacebookマーケティング
価格:
日経BP社(2013-05-30)
売り上げランキング: 11353


ガンガン集客したい人のかんたんWordPress入門
価格:
秀和システム(2013-05)
売り上げランキング: 1013
  • Facebook
  • Foursquare
  • Google+
  • LinkedIn
  • Twitter
  • YouTube

コンセプト

Facebook にシェア
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

当ブログのコンセプトはタイトル「販売とマーケティングは真逆の行為」に表現されています!

マネジメントの神様ピーター・ドラッカードラッカーは「販売とマーケティングは逆です。同じ意味でないことはもちろん、補う部分さえありません何らかの販売は必要です。

しかし、マーケティングの理想は、販売を不要にすることです。マーケティングが目指すものは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせおのずから売れるようにすることです。」と説いています。

セオドア・レビット氏は「マーケティングと販売は、字義以上に大いに異なります販売は売り手のニーズに、マーケティングは買い手のニーズ重点が置かれています。販売は製品を現金に替えたいという売り手のニーズが中心ですが、マーケティングは製品を創造し、配送し、最終的に消費させることによって、顧客のニーズを満足させようというアイデアが中心です。」

従って、マーケティングは営業の延長線上には無い経営に近い問題である。全社員で考えるべき問題である。マーケティングは全社員に参加させなければならない今の時代、完全に顧客に軸足を移した、真のマーケティングが求められています

アドボカシーマーケティングとは?
利益よりも信頼顧客との信頼関係を築くためには、目先の利益にとらわれずに自社の利益にならなくても顧客の都合を優先させよ、という考え方のこと。時に他社製品を紹介することも

現代は、モノで溢れています。
また、インターネットというツールにより、企業と消費者は、商品に関して、同じレベルの情報が入手できる。他社製品との比較も可能となった。
その上、不況ですから、モノが売れない。供給過多である。

かといって、必要なモノは売れる。
どんな時に買うのか?

そんなことを顧客目線で徹底的に研究し、顧客に合わせて、製品やサービスを創る
その上で、顧客に合わせて配送し、必要な時にお届けする。
そんな仕組みを全社あげて行なうのが真のマーケティングである。

そして、アドボカシー・マーケティングでは、「利益よりも信頼」を重視し、長期的な顧客との信頼関係を構築していく。

その信頼構築こそが、今の時代に求められている顧客を感動させるマーケティングである。

徹底した顧客目線を考える。つまり、顧客になりきるということである。
お客様と心の絆で繋がるマーケティングである。

その仕組みを創り上げた企業がますます繁栄していく21世紀型の企業である。

お客様が感謝・感動して、あなたのお店に集まる仕組みを作る!』お手伝いすることが、このブログのコンセプトであり、米澤寿展の使命でもあります。そんなブログに育てていきます。

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー



1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術

1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術