勉強カフェ学びを通じて幸せな大人を増やしたい!」を理念とした勉強カフェ岡山スタジオが2015年8月8日に岡山駅西口1分にオープンしました!お得な情報をお届けする勉強カフェ岡山スタジオメルマガ会員も募集しています! 志の高い起業家を輩出する「【志事で喜業】あなたの命が輝き、物心共に豊かになる「志起業塾」」も開催してます!

1日15分で繁盛店に激変する!ソーシャルメディアと顧客DB活用術
無料レポート「ソーシャルメディア時代に結果の出る人がやっているITマーケティング戦略」でWEBマーケティングの重要ポイントが解ります!

キーワード

メインメニュー


■「レビュープラス」独自に選定したブログの口コミ効果を利用した商品プロモーションサービス

売り上げが伸びる Facebook 集客・販促 小さな会社&お店が実践すべき新・100の法則。
価格:
インプレスジャパン(2013-04-25)
売り上げランキング: 4415

小さな会社のための成功するFacebookマーケティング
価格:
日経BP社(2013-05-30)
売り上げランキング: 11353


ガンガン集客したい人のかんたんWordPress入門
価格:
秀和システム(2013-05)
売り上げランキング: 1013
  • Facebook
  • Foursquare
  • Google+
  • LinkedIn
  • Twitter
  • YouTube

ブログアーカイブ

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

今日は「田久保剛さんのヒューマンコーチング」のFacebookタイムラインで素晴らしい投稿を見つけましたのでシェアします。

本来、人間はそれぞれに、自分の本質に合った仕事、使命や天命とも言える、自分を生かせる役割がある

その役割を自覚し、それに沿って生きていければ、結果として、世間一般的に言う成功も手に入れることが出来る

しかし、最初から世間基準の「成功」という結果だけに焦点を当ててしまうと、その「成功」までの過程に秘められた自分の「使命」に気づけなくなってしまうことがある。

すると、仮に世間一般的な成功を手にしても、つかの間の夢となってしまう可能性がある。
続きを読む »

売ろうとしたら売れない

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日は何位?

今日は、BMW販売実績日本一の伝説のセールスマン飯尾昭夫(BMW正規ディーラー東立取締役)からの「売る」ということについての学びです。

以下(『致知』2013年2月号特集「修身」より引用)

(日英自動車からBMWジャパンへの)入社の際に一つだけ条件があったんです。

それは「年間三十六台以上売れなかったら辞めてもらう」というものでした。

BMWを売ったこともないので、やっていけるかどうかは分かりませんでしたが、そこはもう、自分自身に対してのチャレンジでしたね。

そうして一九八四年、三十四歳の時に、BMWジャパンに入社しました。

クビになるわけにはいきませんでしたから、他の人の三倍ぐらい仕事をやるつもりでがむしゃらに取り組んでいきました。

毎日深夜零時頃まで仕事をし、その日にやらなければならない仕事はやり切るように心掛けていました。

電車に乗っている時は、降りる駅の出口に一番近い車両へ急いで移動するため、電車の中をいつも走っていました。

限られた時間の中で、もっと営業をしたい。そのために一分、一秒でも無駄にしたくなかったんです。

あと、私は口下手ですし、喋りが苦手なんですよ。だから、お客様がお話しすることをとにかく一所懸命聴きました
続きを読む »

商売・人生で大事なこと

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

今日は「致知一日一言」メルマガからの学びです。

鎌倉の名刹・円覚寺。45歳の若さで臨済宗円覚寺派管長に就任された横田南嶺老師に「人生で大事なこと」を伺った。

自分が何かを得たい、特別な体験をして偉くなりたいというところには魔がさしたり、思いあがったりします

商売も同じで、自分の儲けばかり追求する人は大した商売人ではないし、すぐにうまい話に引っかかったりします

しかし、他人様のお役に立ちたい、世の中のために何か尽くしたいと思って商いをする人は、大きな仕事ができます

決してそんな小さなものには引っかかったりはしないのではないでしょうか。

……さらに詳しくは『致知』2013年2月号をご覧ください。
続きを読む »

働き一両・考え五両

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

仕事も人生もいろいろありますね?
志は高く持ちつつ、目の前のことを、ひとつづつ片付けて行きましょう!
たまには無駄や寄り道もあります。それも長い目で見れば必要なことなのです。
だから、ひとつひとつ成果をあげていきましょう!

さて今日は【平成進化論】メルマガのピークパフォーマンス方程式からの学びです。

働き一両・考え五両。 
 どれだけ働いても1両。しかし考えることでそれが5両にも10両にも100両にもなる。

■”努力自体は尊いもの”だが、「我々が求められているものは【成果】」であって、けして努力ではないことを知るべきだ。

■努力のみに焦点を合わせるだけでは成果は生み出せない、と頭に叩き込んでおこう。 


そして、以下は社員にあてたメールの内容です。

お客様(顧客)目線から見て、お金を出そうとするのは、成果に対してであって、努力に対してではないことを知っておくことが大切です。
続きを読む »

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

今は、大きな変化の真っ最中です。

さて今日は、私がいつも読ませていただいているメルマガ「今岡善次郎のマネジメント・メルマガ」より・・・(以下、引用です)

企業の成長も国家経済成長も、成長の意味を肥満と混同してしまった」とはドラッカーの名言です。売上規模を上げ、社員数を増やすこと、GNPが大きいこと、人口が大きいことは、良いことかと

成長とは売上金額でもなく、資金の多さでもなく、社員の数でもない
社会へどれだけ貢献するか。
社会の機関としてどれだけ役に立つ組織か。
量的な成果ではなく、質的な成果が求められる。

続きを読む »

どのような貢献ができるか?

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

今日は「ドラッカー名著集1 経営者の条件」より、第3章「どのような貢献ができるか」から学びましょう!

冒頭の書き出しを(引用)します。

成果をあげるには、自らの果たすべき貢献を考えなければならない。手元の仕事から顔を上げ目標に目を向ける

組織の成果に影響を与える貢献は何かを問う。そして、責任を中心に据える。


貢献に焦点を合わせることが、仕事の内容、水準、影響力において、あるいは上司、同僚、部下との関係において、さらには会議や報告の利用において成果をあげる鍵である。

ところがほとんどの人が下に向かって焦点を合わせる。成果ではなく努力に焦点を合わせる。組織や上司が自分にしてくれるべきことを気にする。そして何よりも、自らがもつべき権限を気にする。

その結果、本当の成果があげられない。

続きを読む »

営業の本質

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

今日のテーマは「営業の本質」です。

営業の仕事って言うと、毛嫌いする方が多いですね?
営業って、お客様に頭を下げて、いわゆるペコペコしていて、お客様の言いなりになって、そして何とか自社の商品を買ってもらおうとする。また、上手にしゃべって、トークして、お客様を翻弄させて、商品を買わせる

そんなイメージを持っているとすると、良い人ほど、営業が嫌になりますこのイメージを持っていること自体が営業の本質を理解していないと言えます。
続きを読む »

「販売とマーケティングは真逆の行為!」今日の順位は?

このブログで何度か「与える」ことの重要性を説いてきた。
自分がもらう前に「与える」ことが重要である。

この「与える」という言葉のニュアンスが心配になってきた。

よく「Give&Take(ギブ アンド テイク)」と言われるが、私は「Give&Give(ギブ アンド ギブ)」ぐらいの気持ちでいないと、ちょうど5分5分にはならないと思っているし、そうでありたいと思っている。

このGive(与える)という言葉からくる発想が、上から目線であると言う人がいる。

最近ベストセラーを連発しているレバレッジシリーズ本の著者である「本田直之」さんである。

続きを読む »